自分だけのアウトプット

メタ認知能力の高め方ってご存じですか?

がくちょうが常日頃から話しているメタ認知。トリ村のテーマの一つだと思います(えーと。多分・・・合ってるはず)

私はメタ認知というものをしっかりと理解しているわけではないのですが、おそらく「客観的に自分を見ることができる能力」ということかと・・・汗。

つまりそれは「自分は今、どの地点にいるのか?どこの部分で課題があり、どこでつまづいているのか?」がわかるようになれるということだと思います。

是非、メタ認知能力は高めていきたいところなのですが「じゃあどうやって?」という方法が知りたくなりますよね。

今回は、がくちょうオススメのメタ認知能力の高め方をお伝えします。

メタ認知能力はアウトプットをするを高めることができる

メタ認知能力はアウトプットをすると高めることができます。

というかこれ、皆さんご存じですよね。あれだけがくちょうが何度もおっしゃっているんですから・・・。

でもなんか知らんけど、腑に落ちてなかったんです。だって、メタ認知を高めるために「アウトプットする」って何がどう繋がってるねん!という感じです。

きっとがくちょうは何度も理由を話されてたと思うのですが、全然理解してなかった私にもう一度しみ込ませるように書かせていただきます。

アウトプットがメタ認知能力を高める理由

・自分の考えがまとまる

・書いているうちに頭の中で気づけなかったことを発見したりする

・自分の思い、価値観を再確認

(本当は他にもたくさんあるんだろうけど、今の私ではここまで( ;∀;))

これらがしっかりと頭の中で整理されて、言葉にできていると「だから自分はこうしたいんだ!」「私はこんなことを思ってサービスを考えたんだ!」

など、自分のことが見えてくる気がしますよね。

がくちょうのケース

がくちょうは今でも、特に起業当時はブログに自分の思い、価値観など書き綴っていたそうです。

はじめにこうだ!と思って書いていても最終的に「だから私は、こんな活動がしたいんです」というくくりにすると

なぜか思いもしない言葉がぴょこん!と飛び出すことがあったそう。

文章にして書き出すことで自分の考え、思いが整理されて生まれた言葉。だと言えますよね。

こんなことありますよね

アウトプットって「誰かに話す」とかでもいい。っていいますよね。よし。教えてもらったことや、考えたことを早速誰かに話そう~!!

いい気分でアウトプットしている時、急に相手から意外な質問をされることってありませんか?

相手「それはなぜですか?」

私「え?なんでそんなこと思ったんだっけ私・・・」

答えを見つけるために脳をフル回転させたりしますよね笑

私はこういうシチュエーションがよくあるんですが、それがアウトプット。客観的に自分を見て、理由とか根拠を話したりするわけです。

まさにメタ認知ですよね。

まとめ

メタ認知はアウトプットをすることで能力を高めることができる。方法としては、人に話す。書き出すということが挙げられます。

どちらの方法もいいそうですが、ブログはかなりオススメだそう。

実際、自分の考えなどを書いていたブログを見て、お客様から問い合わせがあったということもあったようです。

またがくちょうがおっしゃるには、「他者に対してわかりやすく説明をする」ということが大事だそうで、日記のようなブログはオススメしません。とのことでした。

起業初期は価値観や考えが日々変化します。未体験のこと、はじめて知ることが多い分、特に自分をメタ認知するためにアウトプットしていくことが必要。

そうしていくことで、経験や体験、学びが自分のものとなり【どんどんレベルアップできるんだ~!!】

ということでした!